< Keshe Foundation Supporter's Network Japan-Home ケッシュ財団支援者ネットワーク日本
-->



 http://www.keshefoundation.org/latest-papers.html/keshe/images/PDF.jpg  http://www.keshefoundation.org/latest-papers.html/keshe/images/logo2.png

ケッシュ財団へようこそ

地球は、翼も、ジェットエンジンも、そして推進ロケットも装着されていないのに、ソラーシステムの中でその位置を何十億年も保持し、時速数千キロメーターで、運動している。
惑星系の地球内部での重力場の発生メカニズムの新理解とともに、科学的知性と人間の知識は、遂に宇宙における運行の基礎原理を理解するレベルに達しており、そして今、プラズマ リアクターの中に宇宙の原理を再現することにより、人類に宇宙旅行への扉が開けられた。。
この画期的テクノロジーは、宇宙空間で地球や太陽が燃料を使わずに、運動と位置付けを行い、エネルギーや食物を創り出すのと同様の原理で、リアクター内部の重力場と磁場の相互作用を利用する。
この技術を輸送や旅行のシステムに応用するのが、ケッシユ財団のスペースシップ プログラムだ。

 

ケッシユ財団原子力エンジニアM.T.ケッシユによって設立された独立した非営利非宗教的組織であり、飢饉、水不足、電力供給、気候変動、疫病のような、 主要な地球規模の問題への新たな科学的知見、新技術や新たなソリューションを開発することを目的としている。また特別に開発されたプラズマ.リアクターを 使用することにより、深宇宙の旅をする本当の自由を人類に与えました。..

http://www.keshefoundation.org/templates/keshe/images/banner.jpg





Web Shop

注)KSNJでは全てのケッシュ製品の販売サービスを行っておりませんので、直接、更新されたケッシユホームページの Webshopで購入してくださるようお願いいたします。

-

KSNJ お知らせコーナー

KSNJ掲示板

----------------------------------------

KSNJ コメント

* アップデートなKeshe氏からのニュースは, 上のメニューの中のフォーラム, 及びにKSNJ掲示板を御覧下さい。

---------------------------------------------------------------------------


初めてこのサイトを訪れた方へ:
  * ケッシユ財団や科学者ケッシユの全貌ダイジェスト版和訳動画(プロモーションビデオと総合インタビュー動画がありますので、全貌を早く知りたいセッカチな人は、どうぞそちらから御覧下さい.。


---------------------------------------------------------------------------

2016/06/25

ケッシュ財団は


ケッシュ財団は第二世代のOFF-GRID Magravs-Power Plasma Generatorを開発し、現在、発売をはじめました。


このシステムは、主電力網からの電気の供給無しで複数のアプライアンスに電力を供給することが示されました。

---------------------------------------------------------------------------

2016/Feb/25


---------------------------------------------------------------------------

2016/06/23

119th Knowledge Seekers Workshop


ケッシュ博士によるSSIワークショップはすでに第119回目をむかえました。引き続きKSNJ掲示板において日本語でワークショップの進展が御覧頂けます。


---------------------------------------------------------------------------

2014/05/09

署名にご協力ください


ケッシュ氏とその家族、ケッシュ財団と科学者たちを守り、 科学者殺害に終止符を打つために、本格的な調査を!


---------------------------------------------------------------------------

2014年4月10日

China animation of Keshe Reactor Japanese subtitles


ケッシュ.リアクターがどのような仕組みで起動するのか知りたい人は、このアニメーションを御覧下さい。納得できるかもしれません。


---------------------------------------------------------------------------

2014年3月16日

USBスティックの内容が全世界に公開されました!


このニュースを多くの人々やグループに、出来るだけ早く拡散してください。


---------------------------------------------------------------------------

2014年2月27日

「ケシュ財団に関する知られざる真実の公開」


---------------------------------------------------------------------------

2014年2月6日

「ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術」」YouTube動画日本語字幕版


日本語字幕に訂正がはいりましたので、皆さんチェックしてください!

---------------------------------------------------------------------------

2014年2月2日

「ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術」」YouTube動画日本語字幕版公開


「ケシュ財団提供 放射能汚染除去に際しての注意事項」
除染を実際に行う前に、安全上の注意をよく読み、必ず厳守して下さい。

---------------------------------------------------------------------------

2014年2月1日

現在シアトル在住のcoko さんをご紹介します。 以前、日本のメデイアで仕事をされていた方で、今回の「日本の福島に捧げるワークショップ」では、全国へ情報 拡散をしていただき、そして放射能汚染除去技術の公開動画日本語版をつけたプレスリリースを続けて放送局に送付して頂いております。 cokoさん、ありがとうございます。 ケッシュ財団はNHKに直接その動画を渡すそうです。さて皆さん、注目のトキがきましたぞ!  し、しかし、トップが右に曲がってしまった~。


s

---------------------------------------------------------------------------

2014年1月30日

第一回「日本の福島に捧げるワークショップ」のYouTube動画

日本語プリスクリプションがアップされました。

パート1 パート2  パート3

---------------------------------------------------------------------------

2014年1月30日

第一回「日本の福島に捧げるワークショップ」は終了しました。

日本語字幕は後ほどアップされるそうです。

Fukushima Daiichi nuclear accident cleanup
http://www.youtube.com

---------------------------------------------------------------------------

2014年1月10日
* お知らせ致します。二人のボランテイアの方がKSNJの翻訳作業に加わって頂くことになりました。 グリ-ン妙子さんと平賀直さんをご紹介します。 どうもありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------







* Keshe Knowledge Seekers Workshop


* Keshe International Knowledge Seekers Workshop

119th Knowledge Seekers Workshop June 24, 2016 ( 8 )

---------------------------------------------------------------------------

このコメント箱の中にいちど言葉を落としたら、二度と拾い上げて訂正することも、消すこともできません、管理人さえできませんので覚悟してCommentボタンを押して下さい。という訳ですので誰かもう少しスマートなコメント欄を作成することができる人がいたら名乗りを上げて下さい、お願いします、それまでは被承認制ですのでゴミダメコミュニケになる恐れは無きにしに有らですが、こんな高尚なサイトであるからこそ、それも又一興かもしれません。

e-mail: Contact TO KSNJ



Comment Box is loading comments...





























3d Print Models

---------------------------------------